■ 定年後のお金は大丈夫ですか?

第二の人生を安心して過ごすための人生マネー学




定年後のお金学

第二の人生を安心して過ごすために、お金は大切です。年金や、保険、資産運用など。 定年を前に知っておきたいマネー学の基本をご紹介していきます。 まずは、年金額を含め収入や支出をどう計算していくのかを解説していきます。

講座1 年金額を前もって知るために

退職を意識するようになったサラリーマンにとって、年金がいくらなのか? は大きな関心事です。 厚生年金や、国民年金などの公的年金が老後の収入の要となるからです。

講座2 退職金 お得なのは、一時金か年金タイプか

年金と並んで定年後の生活を支えるお金として多くのひとが期待するのが退職金です。 この制度は会社によって千差万別なので、金額や受給方式などを勤務先に確認することから始めましょう。

講座3 医療費の全額カバーは要らない・・・77

長生きする社会の中でけがやG病気での入院・手術などに備える医療保障への関心が高まっています。 しかし、医療費を全額保障でカバーする必要はありません。

講座4 遺言信託 〜 相続に不安なら銀行に一任という方法も・・・・104

遺産相続の煩雑な手続きを専門家にやっていただく方法もあります。 その方法のひとつとして、信託銀行の遺言信託があります。 遺言書の作成のアドバイスと保管を行う契約と、さらに相続発生後の遺言 執行も行う契約の2種類があります。

講座5 失業給付を受けて再就職

年金支給額より、失業給付の方が多いのではないかという見解もあります。失業給付の基本手当は、 退職前半年分の給付や手当の総額を180日で割った額に、年齢などで決められた給付率(45〜80%)をかけて決まります。 60歳の時点で受け取れる厚生年金は報酬比例分だけで、この額は月額では失業給付の半分しかないのです。 ただし、定年退職の場合、基本手当の給付日数は最大150日(5か月)です。

その他  お金を低金利で借りるなら

年金受給者でも、緊急的なお金が必要な場合もあります。そんな時に参考になるのが、 このサイトです。 参考サイト